海外旅行の思い出を集めました

happy-sightseeing

旅行記

【3泊5日】夫婦でラスベガスのカジノをめぐってきた【パリスホテル】

更新日:

 

本場のカジノを体験したくてアメリカはネバダ州のラスベガスへ3泊5日で夫婦で旅行をしてきました。

 

1日目

日本からラスベガスまでは残念ながら直行便がありません。

まず羽田空港からアメリカン航空でロサンゼルス国際空港に昼過ぎに到着。

そのまま、ロサンゼルス国際空港からレンタカーを借りて、約3時間半かけてラスベガス入りしました。

到着したのは午後5時過ぎで、宿泊先のパリスホテルに早速チェックインしました。

パリスホテルは、名前のとおりフランスのパリの雰囲気をたっぷり盛り込んでいるラグジュアリーホテルでした。

ラスベガスの中心を通っているストリップを車で走っていると、すぐにエッフェル塔がそびえているのが目につきます。

本物は見たことありませんが、そっくりで感動しました。(そりゃそうか)

ホテルの正面玄関には凱旋門もあり、その周辺はまさにパリでした。

ホテル内はパリの街角をイメージしたレストラン、お土産物ショップなどがあり、フロアは歩くだけでも楽しかったです。

到着日は疲れたので、軽くカフェでサンドイッチを食べ、お風呂に入ってそのまま寝てしまいました。

 

2日目

朝6時前には目が覚めて、窓の外を見ると目の前に大通りのストリップが見えました。

道を挟んで、噴水ショーで有名なベラッジオホテルがありました。

部屋からはショーも見えるので、かなり良いお部屋をもらってラッキーでした。

朝食は、パリスホテルで一番人気のル・ヴィレッジバフェで楽しみました。

朝から焼き立てクロワッサンや卵料理、サラダバー、フルーツバー、ハム、そしてデザートまで何でもあるので驚きました。

食後、早速カジノに行きました。

実は、夫は私が寝ている間にカジノ探索に行っていたようです。

スロットとブラックジャックを少しプレイしたようですが、100ドル以上あっという間に負けてしまったようです。

パリスのカジノ以外にも少し離れたイタリアンなパラッツオ、Wynnホテルなどいろいろなホテルのカジノを歩き回り、この中で一番Wynnホテルのカジノが印象的でした。

Wynnは、ビュッフェも高級路線で大人気なのでランチをしようとしたのですが、行列が1時間待ちだったので諦めました。

この日は、近くの日本食レストランでラーメンを食べて、あとはホテルのプールで過ごしました。

夜はシーフードビュッフェで有名なアリアホテルに挑戦。

一人4000円ほどで蟹食べ放題。とてもお得でした。

 

3日目

ラスベガス滞在3日目は、夫は相変わらずカジノを楽しみ、私はフォーラムショップやファッションショーなどのモールで買い物を楽しみました。

この日の最後のディナーは、ステーキハウスのモートンで。

豪快なアメリカンビーフを存分に堪能しました。

 

4日目

朝一番でホテルをチェックアウトしてレンタカーでロサンゼルスを目指しました。

10時半発のアメリカンに搭乗し、日本には翌日昼3時に到着しました。

ちょっと慌ただしい短い旅行でしたが、十分にラスベガスの魅力を感じる旅となりました。

 

最後に

ラスベガスは想像していたより、どこも安全でとても綺麗でしたし、日本人も多かったので安心して滞在を楽しむことができました。




-旅行記

Copyright© happy-sightseeing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.