海外旅行の思い出を集めました

happy-sightseeing

旅行記

【4泊5日】バンコク 旅行記【マリオットホテル】

投稿日:

 

10月末、タイ・バンコクへ4泊5日の旅行をしました。

主な目的はいろいろなタイ料理を試すことです。

残念ながら屋台にはあまり行けませんでしたが、豚の血入りスープ麺(センミーナムトック)や牡蠣入りオムレツなど、今までに食べたことのない料理を経験することができました。

 

1日目

 

午前2時台羽田発シンガポール航空(シンガポール経由) 午前11時台バンコク着。

スワンナプーム空港を使うのは初めてですが、エアポートレイルリンク(電車)で市内まで移動できてとても便利です。

ホテルがBTS(「ゆりかもめ」のような電車)の駅から歩いて3分くらいと近かったので、タクシーを使わずに行ってみました。

BTSも初めてで少し不安はありましたが、乗り方は割合簡単です。

宿泊はマリオットエグゼクティブアパートメント・スクムビット。

アパートメントタイプのホテルで、3人部屋に洗濯機・冷蔵庫の他食洗器まで付いています。バンコクは11月でも結構暑いので、洗濯機の存在は大変助かりました。

 

2日目

チャオプラヤ川沿いに新しくできたショッピングモール「アイコンサイアム」へ。

船着き場もよりのBTS駅で降りると専用の渡し船があり、無料で建物の目の前まで行ってくれます。

1階は土産物屋+フードセンターのようになっていて、小川に見立てた水路の脇で民族衣装の女性がタイ料理を売っていたりします。

観光客向け施設で物価は高いですが、アクセスが良いため人気があるようです。

センミーナムトックはここの麺食堂で食べました。

2階から上はファッション・雑貨などさまざまなショップ。 4階には「フード・リパブリック」というフードコート。

こちらでは羽根つきの牡蠣入りオムレツを試し、大変美味しいと思いました

 

3日目

「ジム・トンプソンの家」見学。タイシルクをビジネス化した有名なアメリカ人実業家の住居が公開されています。

入館は有料ですが料金内で日本語の小ツアーに参加でき、予想外に良い見学となりました。

夕食はタイ料理レストラン「スパイスマーケット」。アナンタラ・サイアムホテル(元のフォーシーズンズホテル)内にあり、BTSの駅に近くてアクセス良好です。

小じんまりとしていますが騒がしくないところがとても気に入りました。

トムヤムクン、ホーモックタレー(海鮮蒸し)、ソフトシェルクラブなど日本でも馴染みのあるものを中心に頼みましたが、ヌーベルタイ風で大変美味しい料理でした。

 

4日目

午前中市内半日ツアーに参加。

天井画が人気のワット・パクナム(「ワット」は「寺院」)、王宮近くのワット・プラケオ(「エメラルド寺院」)と寝釈迦で有名なワット・ポー、最後にチャオプラヤ川向かいにある「暁の寺」ワット・アルンを訪ねました。

ある程度覚悟はしていましたがワット・プラケオは中国人の団体観光客に占拠され、その混雑ぶりには想像を絶するものがありました。

今後訪れる予定のある方は、できるだけ平日の早朝を狙う方が良いと思います。

 

5日目

午前中荷造りし、タクシーでスワンナプーム空港へ。 再びシンガポールを経由、翌午前1時羽田着の便で帰国しました。

 

最後に

 

限られた時間ではありましたが、高級レストランからフードコートまでいろいろなレベルのタイ料理を食べ歩くことができ、大変良い旅行でした。

今回は事前にイモトのWi-Fiルータを借用して行きましたが、複数メンバーでの旅行の場合やはりWi-Fiはあった方が良いと思います。

特にタイでは英語が通じない事も多く、ネット環境の確保が必須であることを痛感しました。 

 




-旅行記

Copyright© happy-sightseeing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.