海外旅行の思い出を集めました

happy-sightseeing

旅行記

【1泊2日】ブリュッセル 旅行記【メルキュールホテル ブリュッセルサントルミディ】

投稿日:

2019年の3月24日から、1泊2日でブリュッセル に行ってきました。

目的はもちろん、本場のチョコレートと、ベルギーワッフル、ベルギービールとムール貝です

1日目

ロンドンからユーロスターでブリュッセル 南駅に到着しました。

ホテルは駅のすぐ近くにあるメルキュールホテル ブリュッセル サントルミディにしました。

メルキュールホテルは4つ星ホテルですが、他のホテルよも値段が安く、外観もお部屋もキレイなのでよく利用します。

エントランスは狭かったですが、中に入るとチェックインデスクのスタッフがにこやかに出迎えてくれました。

ロビーの少し奥に外が見渡せるガラス張りの大きな渡り廊下があり、ガーデン用のソファセットが置いてあって、素敵でした。

ロビーと渡り廊下の間にバーがあり、こじんまりとはしていましたが、手書きのポップなどが置かれていて、お洒落な雰囲気でした。

もうひとつこのホテルを選んだ理由は、3人部屋が取れたからです

ツイン+ソファベットの部屋があるところは少ないので、ラッキーでした。

お部屋も広めで、快適でした。シャンプーやボディソープは置いてありましたが、他のヨーロッパのホテルと同様、歯ブラシはありませんでした。

窓からの街の眺めも良かったです。特に夜景が素敵でした。

少し休憩して、街へ。

世界遺産のグランプラスへ行き、とりあえず小便小僧の前で記念撮影をしました。

小便小僧の周りにはクリームやフルーツのたっぷり乗ったベルギーワッフル屋さんが密集していたので、まずはワッフルを買ってみんなで食べ、チョコレート屋さんやレース屋さん、雑貨屋さんなどを見て回りました。

その後、お腹が空いて食事をしようと思ったのですが、ムール貝の食べられるお店がなかなか見つからず、よくわからないままお肉がメインのレストランに入ってしまいました。

そこでそれぞれ気に入ったベルギービールを飲み、お肉の煮込み料理を食べました。

2日目

ホテルをチェックアウトして、旧市街へ。

小さな石畳の街並みが可愛かったです。

ブリュッセル 王宮ロワイヤル広場を見学し、老舗のチョコレート屋さん「ヴィタメール」のカフェで休憩。

みんなで自家製クロワッサンやキッシュ、小さな焼き菓子のセットなどをシェアして食べました。

その後、世界最古のアーケードと言われるギャルリーサンチュベールでお買い物。

ギャルリーサンチュベールは、お店の一件一件がとてもかわいらしくおとぎの国のようでした。

チョコレート屋さんやビスケット屋さん、カフェ、アクセサリー屋さんなど、どのお店も素敵なので、そんなに長いアーケードというわけではないのですが、見て回るのに思ったより時間がかかりました。

お菓子の試食もたくさんさせてくれて、何か買えばとびきり可愛い箱や綺麗な包装紙に包んでくれて、アーケードにいる時間が一番楽しかったです。

最後はくたくたに疲れて歩けなくなり、中央駅のスターバックスで1時間以上休憩しました。

石畳が多いので、歩きやすい靴は必須です。

最後にベルギー定番のムール貝を食べました。ムール貝も美味しかったですが、フライドポテトにマヨネーズをつけて食べるスタイルが、太りそうだけど病みつきになります。

最後に

ブリュッセル は小さい都市なので1泊2日でも行けるかな、と思ったのですが、かなり無理無理の過密スケジュールになってしまいました。

観光名所とおいしいものがギュッと詰まった街なので、あと1日足して、3日間でもう少しゆっくり観光すれば良かった、と少し後悔しました。

とても楽しかったので、またリベンジに来ようと思います。




-旅行記

Copyright© happy-sightseeing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.