海外旅行の思い出を集めました

happy-sightseeing

旅行記

【2泊3日】3連休を使って香港に1人旅をしてきた【ペニンシュラホテル】

更新日:

 

香港に、2泊3日の旅行に行ってきました。

香港へは一度だけ出張で出掛けた経験があり、とても良い街という印象を持っていたので、今回は3連休を使って一人旅をしてきました。

1日目

羽田空港から香港国際空港に移動

今回はエコノミークラスの利用でしたが、移動時間は4時間程度なので、ひと眠りしている間に到着しました。

空港内には多数のレストランがあり、詳しい友人に紹介された中華料理店をチョイス。
空港内のレストランとは思えないほどクオリティが高く、特にワンタンメンはエビがプリプリでおすすめです。

腹ごしらえをした後はタクシーに乗ってペニンシュラホテルを目指します。
大体30分くらいの移動だったでしょうか?

香港でも特に有名なホテルということもあり、行き先を伝えると非常にスムーズでした。

ホテルは重厚感があり、外からホテルを撮影している観光客の姿も。
スタッフは丁寧で優しく、とても感じの良い接客を受けることができました。
靴磨きのサービスもあり、周辺の案内も丁寧で、さすが高級ホテルという感じです。

2日目

早朝からビクトリアハーバーを渡り、ホテルのある九龍島から香港島へと向かいます。

お目当ては出張中に食べて感動したお粥でした。
日本のお粥とはかなり違っていて、じっくり煮込んだ牛肉を米粒が無くなるほど炊いたお粥に混ぜて出してくれます。
これがとにかくコクがあり最高、お値段は日本円で400円程度だったはずです。

食後はビクトリアピークに上り、香港市街を一望します。

ここに向かうまでの途中には世界一長いと言われるエスカレーターがあり、江ノ島のエスカーのような感覚で頂上を目指せました。

しかもエスカレーターの使用料は無料なので、お得に観光を楽しめます。

夕方からは繁華街に移動して、お土産を扱うショップや書店などをぐるりと回りました。
夕食にはホテルから近い北京ダック専門店を訪れましたが、海外からの観光客が多い様子で、馴染みやすさを感じて良かったです。

味も抜群に良いのですが、日本で食べる北京ダックの半値以下だったことにも驚きました。

九龍島からは香港島方面の夜景も楽しむことができ、賑やかでエネルギッシュなネオンにはとても感激しました。

3日目

最終日は夕方の飛行機で帰国する予定だったので、前日に下見していたお土産を買い、マッサージを受けに向かいました。

ローカルな雰囲気でしたが衛生環境も良く、クレジットカードも利用できるので安心という感じです。

ただ、現地の人と同じような力を加えていたのか、かなり強い痛みを感じてしまい、大満足とまではいかなかったですね。

最後に空港でもう一度中華の軽食を取って帰国の便へ。
空港内も整備されていてわかりやすく、お土産売り場も充実していて好印象でした。

最後に

香港は親切な方が多く、日本でお馴染みのコンビニもあり、治安の良さも感じました。

現在は情勢が不安定ですが、それでも場所を選んで観光すれば、きっと親切な香港人と接して楽しい思い出を作ることができるはずです。

参考:【2020年度版】香港旅行でデモに遭遇しないためにチェックするべき情報




-旅行記

Copyright© happy-sightseeing , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.